HPH 健康増進活動拠点病院
HOME HPHとは 千鳥橋病院の取り組み 推進NEWS 国際カンファレンス
千鳥橋病院の取り組み
HPHの実践|3つのパイロット事業

患者チーム

入院患者・外来患者を対象に禁煙支援を進めています。SDHカンファレンスの開催やHPHの認定プロジェクトに取り組んでいます。

地域チーム

2012年より病院の近隣のマンションでの「地域の保健室」を、マンション自治会、管理組合との協同でおこなっています。「地域の保健室」では健康チェックをはじめ医療・介護制度やリハビリ・栄養・薬剤などの健康管理に役立つ講座をおこなっています。シャルマンではひとり暮らしでリスクの高い住民の見守りにもなっており、「地域の保健室」開始以降は孤独死0となっています。

「地域の保健室」の様子 写真
「地域の保健室」の様子  

職員チーム

職員チームは、病院で働く職員の健康づくりや「ノーリフト・ケア(腰痛対策)」に取り組んでいます。
具体的には職場の健康リスクを軽減し、働きがいのある職場づくりを目標に「始業前体操」「食育をテーマに手作り弁当を持ち寄っての昼食会」「万歩計を装着して歩くこと」「職員向けの朝食アンケート」「階段に消費カロリーを表示したラベルの貼付による階段利用の促進」を実践しています。

ノーリフト・ケアについては、日本ノーリフト協会の研修を受講した3名で研修を開催しながら、スライディンシート等を使用して「抱え上げない・持ち上げない看護・介護」の実践をしています。腰痛対策は、職員だけではなく患者さんにとっても安心で安楽な移乗に繋がっています。「ノーリフト」については、地域にも広げていきたいと考えています。ご希望の施設にはご指導に行きます。

スライディングシートを使っての体位交換 移乗ボードを使って車椅子からベッドへ
スライディングシートを使っての体位交換 移乗ボードを使って車椅子からベッドへ


YouTube|千鳥橋病院HPHノーリフトケアの実践
https://www.youtube.com/watch?v=whQlrj5bVPg

ノーリフト・ケア宣言

  • 私たちは、やむを得ない場合を除き、力任せで患者様の身体を持ち上げません。
  • 私たちは、患者様にとって安全で安楽な移乗が行えるよう、必要な福祉用具、器具を適切に使用します。
  • 私たちは、移動・移乗の技術向上を目指し、継続した学習・教育訓練を行います。

千鳥橋病院・千代診療所

 

HPH情報センター

2013年10月から、地域にひらかれた健康づくりスペースとして、平日健康づくり講座を毎日開催、月1回のコンサートをおこなっています。健康に役立つ情報や病気の話など、各職場(部署)が持ち回りで担当しています。夏には平和を学ぶ企画や3.11メモリアル企画などをおこなっています。

写真 写真

メディカルフィットネス スマイル

専属トレーナーによるレッスンやマシンを使ったトレーニングで健康寿命を伸ばしましょう。
火曜日・金曜日は体操教室をおこなっており、みんなで楽しく運動しています。
利用対象:介護保険を利用していない方、フィットネス利用許可を受けた方

▲ページのTOPに戻る

公益社団法人福岡医療団 組織部HPH推進課
福岡市博多区千代5丁目18-1千鳥橋病院内
TEL:092-641-2761(千鳥橋病院 代表)