公益社団法人 福岡医療団 千鳥橋病院 千代診療所 アクセス サイトマップ 個人情報の取扱いについて
診療時間
病院マップ ネットワーク
HOME 外来案内 入院案内 各科紹介 医療関係の方 病院概要 スタッフ募集 友の会
ホーム >> 各科紹介 >> 薬剤部
各科紹介

診療部門

薬剤部

放射線科

検査部

リハビリテーション技術部

医療相談室
(医療社会科)

臨床工学科

栄養部

看護部

介護サービス

通所リハビリ

医療情報

薬剤部
患者さんや職員皆に育てられ、愛されている、明るく元気な職場です
薬剤部長 河波 豊
 薬剤師は、患者さまが安全安心、かつ効果的にお薬を服用していただけるよう、薬物治療の要としてその専門性を発揮しています。病棟担当薬剤師による服薬指導や医薬品管理のみならず、チーム医療の一員として、NST委員会ICT委員会・褥瘡委員会などの様々な委員会の中で薬学的知識を大いに役立てています。
 当院薬剤部では、一病棟を複数の薬剤師による担当制を実施しており、ベッドサイドまで出向き入院から退院までの服薬指導や医薬品管理、さらに患者さんの質疑への応答に専門性を発揮してもらい、患者さんに寄り添った医療を展開しています。先輩の指導を受けながら途切れない薬剤管理ができるようにしています。スキルアップを最重要課題と位置づけ、学会や専門研修参加などへの援助を積極的に行っています。
 
導入システム

●電子カルテ
●薬剤オーダリングシステム
●自動分包調剤機
●安全キャビネット(化学療法用)
●クリーンベンチ
●薬剤支援システム
●クリーンベンチ(TPN用)

 
 
薬剤活動
INTERVIEW―先輩インタビュー―
※インタビューは2016年のものです。

入職1年目
牧 怜弥さん
崇城大学薬学部卒

「無差別平等の医療」を提供する存在へ

医療従事者の母の影響を受け、私も人のために何か力になりたいと薬剤師をめざしました。就職活動では、「無差別平等の医療」という患者さんに寄り添った理念に惹かれて当院への入職を決めました。入職1年目の今は、患者さんの声に耳を傾け、その表情を見て、寄り添うためにはどうすれば良いかと考えながら仕事しています。その中で、さらに患者さんのためにできることはないかと常に考える姿勢を先輩方から学んでいます。医師も看護師も含めて医療従事者の関係性が良いのも当院の魅力。薬剤師の中でも普段から交流する機会が多く、何でもすぐに相談できる雰囲気があります。知識をさらに身に付けることで、処方設計に貢献できる薬剤師になりたいと思っています。

 

入職9年目
加来 由彩さん
九州保健福祉大学薬学部卒

経験を重ねることで成長し、女性も活躍できる

結婚後も仕事を続けたいと考えていた私にとって、子ども3人を育てながら活躍している薬剤部長の存在が入職の決め手になりました。入職1年目から病棟で患者さんに関わる業務内容にも興味がありましたね。現在は、病棟薬剤業務の他、委員会活動や薬剤部のシステム構築を担当し、視野を広げながら様々な業務に取り組めています。経験を重ねることで、これまでとは違った新たな考えもできるようになり、全体を見渡せるようになりました。女性も長く活躍できる当院では、育休後もキャリアを磨くことが可能です。子育て中の職員への理解や協力があることにも感謝していますね。だからこそ、私自身もスキルアップをめざして頑張りたいと思います。

 
入職16年目
西村 幸久さん
第一薬科大学薬学部卒

薬剤師がいきいきと働ける職場づくりを

医療現場で知識を高めたいと病院薬剤師を志望。患者さんの立場になり、医療を展開していく病院の姿勢に惹かれて入職しました。私たちの仕事は、単に薬をお渡しするだけではありません。患者さんの背景にある生活環境まで見ながら、処方設計していく業務に大きなやりがいを感じています。患者さんの声を細かく拾い上げ、治療が良い方向に進んだ時には、「ありがとう」と感謝の言葉をいただけます。患者さんの声が届く距離の近さも当院の魅力ですね。最近は、職種や施設の垣根を越えて情報共有を行い、病院全体の向上を図る事務局的な役割を任されるようにもなりました。薬剤師がいきいきと働ける環境づくりを進めながら、病院運営に貢献したいと考えています。

 
薬剤部連携
 
キャリアアップ・研修制度
 

 

研修要項
基礎研修
(入職2年まで)
●医療人としての基本的な姿勢を身につける
●私達の目指す医療活動を学ぶ
●薬局業務を理解し、日常業務が正しくできるようになる
●薬の知識および疾患の基礎知識を学び、身につける
●社会人としての態度(規律性、責任性、積極性、協調性)を身につける
総合研修
(入職3年〜4年)
●総合的な医療人としての薬剤師(日常業務の中核)をめざす
●担当部署(部門)の業務全般に責任がもてる能力を修得する
●病院内の各種委員会での職場代表や部会活動、薬剤師会活動等で役割を担う
●新卒薬剤師の初期研修を担当し、後輩の指導をおこなう
●疾患別薬物療法を身につけ、他疾患との連携など安全な薬物療法を学ぶ
●「業務・教育・学術」について、自身の行動目標達成につとめる
専門研修
(5年目以上)
●専門性を高め、マスターコース/スペシャリストコースから希望コースを選択する
●薬剤師会の役員など院外の活動で任務を担う
●事業所の方針に沿って担当部署(部門)の業務計画を組み立てると共に、業務遂行のリーダーの役割を果たす
●各種委員会で事務局活動などを通じ、安全な薬物療法推進のイニシアチブをとる
●「業務・教育・学術」について、自身の行動目標達成につとめる

 

 
 
病院薬剤師の楽しさや魅力を多くの学生に知って欲しい…そんな願いから始めた1日見学。
病院説明会などでは味わえない実際の業務内容を体験してもらっています。また、聞きたいことや困っていることがあれば、スタッフが丁寧に対応します。
多くの人に参加して頂きたく思っていますので、まずはお気軽にご参加ください。
午前のスケジュール
●当日スケジュールについての説明、薬剤部の業務全般について
●病院内や千代診療所の建物や業務風景を見学します
●薬剤師が実際に行っている調剤業務を見てもらいます。
●当日抗がん剤のミキシング業務があれば、一緒にガウンを着て隣に座ってもらうことも…
●実際の薬剤師と一緒に病棟やベッドサイドに赴き、実際に配薬や患者さまへ服薬指導していることろを見学してもらいます。
午後のスケジュール
●各種委員会について説明します。
●見学の曜日に対応した病棟の回診、カンファレンスへ参加してもらいます。
●委員会活動の風景を見学してもらいます。
●最後に…1日見学してみての感想をうかがいます。
☆実際に見学にきた学生からの感想☆
薬剤部での調剤や、薬事委員会、新薬の評価に関するお話や病棟でも実際に薬剤性肝炎の患者さんのもとに行って、指導しているところを見学することができ、今日は一日とてもよい経験をさせていただきました。
午後には循環器科と代謝科のカンファレンスにも参加して、学生実習でもなかなか体験できなかったことを今日一日でたくさん体験することができました。ありがとうございました。(F大学 S・Nさん)

▲ページのTOPに戻る

HPH
JCEP
公益社団法人福岡医療団
千鳥橋病院
〒812-8633 福岡市博多区千代5丁目18-1
TEL:092-641-2761
FAX:092-633-3311
 
千代診療所
〒812-0044 福岡市博多区千代5丁目11-38
TEL:092-651-0726
FAX:092-651-6135
Copyright(C) 2011 Chidoribashi Hospital. All rights reserved.