公益社団法人 福岡医療団 千鳥橋病院 千代診療所 アクセス サイトマップ 個人情報の取扱いについて
診療時間
病院マップ ネットワーク
HOME 外来案内 入院案内 各科紹介 医療関係の方 病院概要 スタッフ募集 友の会
ホーム >> 医療関係の方 >> NST
医療関係の方

地域連携室

TQM

ふくおか家庭
医療学センター

ICLS

JMECC

NST

HPH

研修医・医学生

看護部

女性医師

医療関係の方

NST
NSTとはNST回診NSTリンクスタッフ会議NSTランチミーティング
 
NSTとは
 
NST
NSTは、Nutrition Support Teamの略語です。
人は、食べ物を口から食べ、それを栄養として生きています。
しかし、その当たり前のことが何らかの原因で出来ない、あるいは食べる量が減ってきて栄養が十分に摂れなくなった時、どうしたら良いのでしょうか?

入院中の患者さまにこういったことが起きた場合、その原因や栄養状態を把握し、患者さまお一人お一人に合った適切な栄養法(経口摂取、経腸栄養、静脈栄養)により、栄養摂取法や栄養状態の改善の検討を行います。
NSTは、病態管理を行う医師、患者さまのそばで状態を把握している看護師、食事や栄養剤など摂取栄養量を評価する管理栄養士、薬や輸液を評価する薬剤師、摂食嚥下評価を行う言語聴覚士、口腔内環境を整える歯科衛生士など各専門スタッフがそれぞれの知識や技術を出し合い入院患者さまに最良の栄養療法を提供するために、職種を越えて構成された医療チームのことです。
 
NST活動における各職種の役割
 
NSTは入院患者様の栄養状態を評価し、適切な栄養療法を提言・選択・実施します。そして患者様の栄養状態の改善・治療効果の向上・合併症の予防・QOL(生活の質)の向上・在院日数の短縮・医療費の削減などを活動目的としています。
職種 役割
医師 栄養療法に関するプランニングの最終的な決定・評価
管理栄養士 栄養管理計画書などによる対象患者の抽出
栄養アセスメント
経腸・経口栄養療法のプランニング
薬剤師 薬剤・輸液メニューのプランニング
看護師 患者の栄養状態・摂食状況の継続的な把握
入院時SGAによる栄養評価
臨床検査技師 血清アルブミン値3.0以下抽出
歯科衛生士 口腔内環境評価、義歯調整、歯科受診の案内
言語聴覚士 摂食・嚥下機能評価・訓練の実施
事務職員 院内・院外連携の調整、事務的作業
 
当院でのNST歴史
 
2005年5月 全科型NST活動開始
2006年 JSPEN NST稼働施設認定
2010年4月 栄養サポートチーム加算算定
 
当院でのNST介入基準
 
(1)  栄養スクリーニング
(入院診療計画書 医師評価:中等度以上の栄養不良)
(2) 低ALB(ALB3.0以下)
(3) 末梢静脈栄養のみが2週間以上継続
(4) 経鼻栄養が4週間以上継続
(5) 化学療法中もしくは、今後、予定している方
(6) 栄養ルートが未定の方
(7) 食事摂取量5割以下が1週間以上継続
(8) 経腸栄養剤使用中で、何らかの不具合が生じている方
(9) その他、NSTスタッフが介入必要と認めた方
 
NST構成メンバー
 
所属 氏名 役職
医師 横山 裕士
(NSTチェアマン)
手術室医長
有馬 泰治 地域包括ケア病棟医長
佐々木 洋平 ICU副医長
竹内 宏樹 総合内科医長
竹邊 聖 NST医師
瀬木 佑太  
山本 一視 病院副院長
栄養部 大石 英恵 管理栄養士(NST専従)
薬剤部 奥垣 里美 薬剤師(NST専任)
西村 幸久 薬剤師(NST専任)
看護部 村瀬 浩子 病棟師長(NST専任)
河野 めぐみ 病棟看護師(NST専任)
中城 文代 病棟看護師(NST専任)
池田 浩子 病棟師長(NST専任)
大岩 貴子 病棟師長(NST専任)
歯科部 木村 真希子 歯科衛生士
栄養管理に関してお困りのことがあれば、お気軽に何でもご相談下さい

▲ページのTOPに戻る

HPH
JCEP
公益社団法人福岡医療団
千鳥橋病院
〒812-8633 福岡市博多区千代5丁目18-1
TEL:092-641-2761
FAX:092-633-3311
 
千代診療所
〒812-0044 福岡市博多区千代5丁目11-38
TEL:092-651-0726
FAX:092-651-6135
Copyright(C) 2011 Chidoribashi Hospital. All rights reserved.