千代診療所 092-651-0726
千鳥橋病院 092-641-2761

6/17(日)第18回ちどりICLS指導者養成ワークショップを開催しました

ICLS指導者養成ワークショップとは、ICLSコースにおけるチーム蘇生の指導スキル及び器具や資料の使い方などについて、少人数によるグループディスカッションやロールプレイ形式で学びます。

ICLSコース内において指導を行うインストラクター向けにコミュニケーションスキルや効果的な指導方法、コース内で使用する資機材の使用方法、実際の指導の場を想定したロールプレイなどを行います。

日本救急医学会認定ICLSコースインストラクターの認定要件の一つとしてもこのワークショップ受講が求められます。

千鳥橋病院では年間2回の開催を目標に、受講生は他施設含め広く公募しています。

救急センター副部長中司医師がワークショップディレクターとして運営、外科部長横山医師もサブディレクターとして参加しました。

ICU病棟からは看護師2名や外部からは福岡徳洲会病院の医師やJCHO久留米総合病院や米の山病院の看護師もファシリテーターとして参加者のお手伝いをしました。

 ワークショップの受講者は久留米大学病院、米の山病院、ヨコクラ病院の医師や看護師、香椎原病院からは作業療法士の方が受講、当院救急センタースタッフも参加しました。

アンケート結果からも受講生やファシリテーターの満足度は高かったようでした。