外来の方はこちら 千代診療所 092-651-0726
千鳥橋病院 092-641-2761

千鳥橋病院の取り組み

HPHの実践 | 3つのパイロット事業

患者チーム

入院、外来患者を対象にしたヘルスプロモーションの推進に取り組んでいます。
HPH評価介入シートを用いて、喫煙、飲酒、栄養状態、経済的困難、孤立を把握し、リスクの高い患者さんを把握し、多職種と共同して手遅れ事例をなくす取り組みを進めます。

地域チーム

2012年に近隣のマンション自治会・管理組合と協同で「地域の保健室」がスタートしました。2022年より千代校区社会福祉協議会主催の「まちの保健室」として校区の取り組みに広がり、校区内の医療介護事業所と連携し地域の健康づくり活動に貢献しています。

職員チーム

職員チームは、病院で働く職員の健康づくりや「ノーリフト・ケア(腰痛対策)」に取り組んでいます。
具体的には職場の健康リスクを軽減し、働きがいのある職場づくりを目標に「始業前体操」「食育をテーマに手作り弁当を持ち寄っての昼食会」「万歩計を装着して歩くこと」「職員向けの朝食アンケート」「階段に消費カロリーを表示したラベルの貼付による階段利用の促進」などを実践しています。

「ノーリフト・ケア」については、日本ノーリフト協会の研修を受講したノーリフトコーディネータが、スライディンシート等を使用して「抱え上げない・持ち上げない看護・介護」の実践をしています。

腰痛対策は、職員だけでなく患者さんにとっても安心で安楽な移乗に繋がっています。「ノーリフト」については、地域にも広げていきたいと考えています。

ご希望の施設にはご指導に行きます。下記までお問合せください。

ノーリフト・ケア宣言
  • 私たちは、やむを得ない場合を除き、力任せで患者さんの身体を持ち上げません。
  • 私たちは、患者さんにとって安全で安楽な移乗が行えるよう、必要な福祉用具、器具を適切に使用します。
  • 私たちは、移動・移乗の技術向上を目指し、継続した学習・教育訓練を行います。

千鳥橋病院・千代診療所

● 千鳥橋病院からのお知らせ(病院ブログより)

2019.05.07 第4回HPH職場サポーター交流発表会を開催しました。
2018.12.11 HPHに加盟をして10周年を迎えました。

HPH情報センター

2013年10月から、地域にひらかれた健康づくりや地域の交流スペースとして、健康に役立つ情報や病気に関する学習スペース、居場所づくりとして開放しています。また、平和を学ぶ企画やミニコンサートなどを行っています。
*現在、新型コロナウイルス(Covid-19)感染対策上、HPH情報センターのご利用を控えさせていただいています。

 

ALLY(アライ)の取り組み

千鳥橋病院、千代診療所の受付にはレインボーフラッグを掲げています。このレインボーフラッグは、セクシュアル(性的)マイノリティのシンボルマークとして使われています。この旗には、「性」というものは男女2種類だけでなく「多様性」があるものだという意味が込められています。

日本国内では、LGBTの方々が医療機関にかかりにくい傾向があると報告されています。千鳥橋病院では、職員セミナー(学習会)でLGBTの方もかりやすい医療機関を目指すための学習会を行いました。また、LGBTの方が通院しやすい医療機関を増やすため、職員はALLYバッジをつけています。このバッジには、LGBTの方に限らずどのようなバックグラウンドがある方も公正に医療を受けられるようにという気持ちも込められています。
また、これらの旗やバッジには、私たちはセクシャルマイノリティの方を支援し、セクシャルマイノリティの方がまわりに当たり前にいる社会だという事を理解し、学び、誰もがかかりやすい医療機関を目指していることの意味が込められています。

外来や入院、健康診断等でご相談が必要な方は、病院スタッフにお気軽にお尋ねください。

*ALLY(アライ)とは?
ALLYとは、「支援者」という意味です。LGBT当事者であっても、当事者でなくても、LGBTの方を理解し、支援する人を表現する言葉として使われています。また、諸外国では、ALLYという言葉は、LGBTの支援者に限らず、様々なマイノリティの方の支援者を表す言葉として使われています。

最終更新日:2024年3月25日

お問い合わせ

公益社団法人福岡医療団 組織部 HPH推進課

〒812-8633福岡市博多区千代5丁目18-1千鳥橋病院内
TEL:092-641-2761(千鳥橋病院 代表)