千代診療所 092-651-0726
千鳥橋病院 092-641-2761

TQM

TQM委員長 篠原 和英
TQM委員長
篠原 和英

トータル(T)クオリティ(Q)マネージメント(M)TQMとはつまり総合的品質の管理ということです。「医療安全」「クリ二カルパス」「感染対策」「NST」「褥瘡」など、各分野により委員会やチームをつくり、医療活動のクオリティを向上させていく活動をいいます。目に見えない部分ですが、医療の現場にとっては最も大切なことで、千鳥橋病院では、20数年前より2000年頃までほとんど毎年、「医療活動交流集会」という大会として開催されてきました。現在では「医療の質向上交流発表会」といい、各職場や各種委員会の代表が、“医療活動の問題点”“今後の抱負”などの発表を行なっています。

創意工夫を競いあう
第12回 千鳥橋病院 医療の質向上交流発表集会

2016年12月11日(日)、第11回となる医療の質向上交流発表集会をパピヨン24ガスホールにおいて開催し、職員、友の会、連携医療機関などから250人が参加しました。
48チームから取り組みが発表され、最優秀賞に総務課「エコッタくんとエコエコ活動」の発表が選ばれました。

活動テーマ

「ゴミ分別を徹底してゴミの量を減らし経費削減。エコ意識を職場全員で身につける」

今回の取り組みでは下記のことを成し遂げ、医療の質向上交流発表集会での確信となり、今後も継続した取り組みとします。

(1) 業者さんと価格交渉し、年間60,000円経費削減

(2) 機密文書ゴミをシュレッダーにかけてリサイクル紙ゴミにすることで、年間200,000円の経費削減

(3) 総務課で作成した“ゆるキャラ”「エコったくん」を活用し、分別回収をより職員に普及させる取り組み

(4) (3)により、リサイクル紙ゴミを買い取ってくれる量まで増加させる

最優秀賞受賞を受けての感想

「あまり目立つ取り組みではないので最優秀賞をいただけるとは思ってもいませんでした。一緒に取り組んだスタッフのみんなや清掃業者さんなど周囲の協力のおかげで評価していただける発表になったと思います。他の方たちの取り組みもどれも素晴らしくとても見ごたえのある発表でした」

過去記事はこちら