千代診療所 092-651-0726
千鳥橋病院 092-641-2761

ふくおか家庭医療学センター

ふくおか家庭医療学センターとは

福岡医療団は以前から訪問診療や訪問看護などを行い、患者さんが地域の中でその人らしく生活ができるような様々な支援を行ってきました。
政府は、2025年の高齢化のピークに向けて、地域包括ケアの整備をすすめています。
地域に住む人々が、地域の中でより豊かに暮らしていくためには、よりいっそう充実した取り組みが求められています。

「ふくおか家庭医療学センター」では、

  1. 地域包括ケア時代に活躍する専門職の養成
  2. 研究活動と地域のネットワークへの参加
  3. 地域に開かれた相談活動

などを行っていきます。

法人内外の医療・介護職員の多職種間の学びあいと顔の見える連携作り、また、地域に求められる地域づくりを進めるより拠点になりたいと考えています。

家庭医療学センター センター長 有馬泰治
(総合内科 地域包括ケア病棟医長)

(1) 地域包括ケア時代に活躍する専門職を養成

当院は日本プライマリ・ケア連合学会認定家庭医療後期研修プログラム病院です。地域包括ケアを支える病棟総合医、診療所を支える家庭医を養成しています。

家庭医コース

地域で活躍する看護師など多職種スタッフを養成します。

看護部

(2) 研究活動と地域ネットワークへの参加

地域包括ケアの実践を支えるスタッフ養成のために研究会を立ち上げ、ケースカンファレンスなどを通じて互いに学び会える“学びの場”を作ります。

この研究会を通して顔の見える関係を作り、円滑な連携を促進し、地域医療・介護ネットワークへ参加していきます。
連携促進、地域医療の質向上のツールや機能についても議論を深め、開発・改善に寄与します。
地域分析を進め、地域で何が求められているかニーズを把握し、HPHの視点で取り組みます。

(3) 地域に開かれた相談活動

● 貧困や認知症など様々な困難を抱え、医療・介護に悩む家族、地域の方
● 在宅医療・介護に悩む診療所や居宅介護支援事業所、訪問看護ステーションの方

お困りの方はこちらへお電話ください

092-651-9875
(FAX:092-651-3386)

今後も上記に関して様々な取り組みを広げます。